医療機関で働きたいなら視能訓練士をチェック

視能訓練士とはなんだ?!口コミや基本情報を参考にナゾに迫る

女性が働きやすい

視能訓練士は女性が働きやすい職場だと言われています。これから将来の仕事を決めていく人や、視能訓練士を目指している方にとって、参考になる内容が見つかるでしょう。

視能訓練士になって良かったこと

no.1

安定した職業

国家資格なので、勤め先さえあれば職に困らない点が支持されている理由になっているようです。そのため手に職を持ちたいと考えている人が目指すことも多いのでしょう。また、頑張り次第で通常職種と同じように昇進のチャンスもあることから働きがいを感じれる仕事のようです。

no.2

家庭を持っている人でも働きやすい

視能訓練士は、目のことに関する仕事を主にしているので、力仕事がないという面でも女性からの支持が大きい職種です。そのため、家庭を持っている人や女性が働きやすい環境との声が多くありました。

no.3

感謝される

患者さんから感謝の言葉をもらえる点でも多いのが視能訓練士のやりがいで、働いていて良かったと思うことのようです。目の検査のデータを元に訓練などを行うので、改善された時は患者さんから感謝されます。それが仕事のモチベーションにつながるのでしょう。

医療機関で働きたいなら視能訓練士をチェック

男性

視能訓練士を目指すには

視能訓練士は国家試験を受けなければなりません。しかし、その試験を受けるにも資格が必要です。それは、高卒の場合は視能訓練士の養成所にて三年以上学ぶことと、大学や医療関係の専門学校卒業の場合は視能訓練士養成所で一年以上学んで修了することが求められます。

求人においても需要はある

視能訓練士は今でも認知度は他の職種に比べて低いことから、視能訓練士の人数は足りていないです。そのため、求人においても需要はとても高いと言えます。そのため、資格を持ってしまえば、就職に困ることのない職業でしょう。

視能訓練士に必要なこと

視能訓練士は医療に関わる仕事のため、求められる資質も高いです。まず第一に言えるのが、正確性だと言えるでしょう。検査項目が多いため、スピーディーかつ正確な判断で行えるようになることが必要です。

国家試験について

一般的な他の国家試験に比べて、視能訓練士の国家試験の合格率は高い数値を出しています。受験者の合格率が80%超えなので、視能訓練士の養成学校できちんと学べば試験合格を狙えるということです。

視能訓練士として働く人たち

向上心が持てる

視能訓練士の仕事自体があまり知られていないため、目指す人もほんの一部だと思いますが、やりがいのある仕事だと思っています。やりがいや向上心が持てるかどうかは人によりけりですが・・。近年老眼や目のトラブルが増えてきているからこそ、学会の勉強会などに参加して専門知識をさらに吸収することに専念しています。

女性に優しい職場

結婚しても働きやすいのは視能訓練士の利点だと思います。女性が多い職場ですが、仕事時間もきっちり決まっていて残業もほとんどないですし、休みも安定してあるので、結婚や子供がいる人にとって働きやすい環境です。休みは前もって希望を申請していれば取れるので、特に問題はないと思います。

頼られるのが嬉しい

視能訓練士は専門職のため、ナースや医者からも質問や頼られる事が多いです。相手にわかりやすく説明しようと頭を働かせますし、納得してもらえた時には仕事のやりがいを感じます。患者さんと接する仕事でもあるので、日々患者さんのために頑張ろうと思える職種だと思います。

常に学ぶスタンスがある

残業がないのが視能訓練士の良いところですが、勤務終了後に勉強会を行なって新しいことや事例などを学ぶ機会があります。私はそれにとても賛同していて、今の病院に勤めてよかったと感じていますよ。医師との連携プレートが必要になるので、コミュニケーションスキルが求められる仕事ですね。

広告募集中